高性能になった機器を購入

レコーダー

利用目的を決めて選ぶ

防犯や事故の正確さを残すために、ドライブレコーダーが急速に普及しています。近年では動画投稿サイトやニュースで事故の瞬間を捉えた映像が公開されるのと同時に、機器の高性能化と低価格化が進んだことで誰でも手に入れやすくなったことから購入者が増えたようです。ドライブレコーダーはメーカーや型式によって性能が大きく変わってくるので、購入する場合は目的を明確にして選ぶ必要があります。単純に走行中の映像を記録して動画投稿サイトにアップするのか、事故の瞬間などを記録して客観的な事実を残すためかなど、利用目的がしっかりしていれば自ずと購入するものも決まってきます。まず、何と言っても必要なのが記録した映像を見るための画質で、解像度が低いと細かい部分を確認することが困難になります。近年で発売されたドライブレコーダーのほとんどは、1920×1080のフルハイビジョンに対応していますが、より精密な映像を求めるなら、これ以上の解像度を検討してみると良いかもしれません。解像度と同時に検討したいのが本体のCMOSセンサーとCPUで、どちらも画質を決めるうえで重要な要素となっています。応答速度などに関与しており、高速走行時に滑らかな映像を残すのに必要なものになります。また、ノイズや逆光、色調にも影響を及ぼすので、高速道路などを走るなら高性能なドライブレコーダーを用意しておくと良いようです。最近のドライブレコーダーにはGPSを搭載し、移動ルートや特定の現場を記録するものや、事故があった際にイベント録画機能によって個別にデータを保存するようなタイプもあります。それらの機能をしっかり見極めておくと、より良いものを選択することができるでしょう。

RECOMMEND POST

高性能になった機器を購入

レコーダー

高性能化と低価格化で入手難易度が下がり、誰もが手にすることができるようになったドライブレコーダーは、メーカーや型式によって性能が大きく変わってきます。高画質化やフレームレートによる滑らかな映像、GPS搭載やイベント機能などがあるので、購入する際は目的を決めておくことが大切です。

詳しく見る

車内の衛生状態を保つため

模型

フロアマットを敷いておくと、車の床の衛生状態が保たれやすくなります。デザインが豊富なので、車の雰囲気を変更するためにも役立ちます。ただし車種に合うものを選んで購入することと、定期的に洗浄することとが大事です。専門業者に依頼すれば、高圧洗浄やブラッシングなどで、より美しく仕上げてもらうことができます。

詳しく見る

愛車を汚れから守る

駐車場

ガラス系コーティングは、ガラス繊維の混ざった保護剤を塗布する技術です。耐水性能が高くて長持ちするので、車のメンテナンスに必要な手間を大幅に省けます。また、保護性能が高くて傷がつきにくく、新車同然の車体を長期間維持できる点もメリットです。

詳しく見る

中古車の印象を払拭

作業員

中古の自動車を扱う業社は自動車の登場とともに存在します。一般的に中古車というと経年劣化が激しくて、使用できないと思われがちですが、最近では普通に使用できるレベルで、サービスも付属してくる場合も多いです。

詳しく見る

Copyright© 2017 取り付けが困難ならカーナビに詳しいプロに依頼しよう All Rights Reserved.